ついつい子供にしちゃう○○は実はダメ!?子供が虫歯にならないようにするために大事なこととは?

こんにちは、パパです。

今回は、子供が虫歯になってしまわないようにするために気をつけなければいけないことについて書きたいと思います。

どうして虫歯になるのか?

まずは、子供が虫歯になってしまうメカニズムについて簡単に説明します。

口の中には、虫歯菌(ミュータンス菌)と呼ばれる虫歯の原因菌がいます。
この虫歯菌は、食べかすや糖分を見つけると、それを分解して、歯を溶かす酸を作ります。
この酸が、歯に含まれるカルシウムやリンを溶かしてしまうので、歯がもろくなり、虫歯になってしまうのです。

虫歯にならないようにするためには?

では、どうすれば、虫歯になりにくくなるのでしょうか?

虫歯のメカニズムのところで説明したように、虫歯菌が、食べかすや糖分と組み合わさると、歯を溶かす酸ができてしまうわけですから、これらが口の中でできるだけ一緒にならないようにすれば良いわけですね。

具体的にどういうことに気をつければ良いのか、見ていきましょう。

親の虫歯菌を子供に感染させない

実は、虫歯菌は、生まれたての赤ちゃんの口の中には存在しません。
虫歯菌を口内にもっている大人の唾液が赤ちゃんの口に入ることで、虫歯菌に感染してしまうのです。
例えば、子育てする中でやってしまいがちな以下のような行為は要注意です。

  • 子供がかわいいので、口にキスをした
  • 食べ物や飲み物が熱くないか、親が口に入れて確認してから同じスプーンで子供に食べさせた
  • 親と子供が同じペットボトルやストローを使った

これらのことをしてしまうと、 親から子へと虫歯菌を感染させてしまうことになるのです。

ですので、子供へのキスは口ではなくほっぺにする、スプーンやフォーク、ストローやうがい用のコップなど口につけるものはできるだけ親と子供で別々のものを使う、などを意識するようにしましょう。

特に、乳歯の奥歯が生えてくる、1歳半から3歳くらいまでの間は「感染の窓」と呼ばれており、特に虫歯菌が親から子へと感染しやすい期間と言われていますので、注意しましょう。

甘い物を食べすぎない、ダラダラ食べない

糖分が虫歯の原因になるので、当然、甘い物を食べすぎないようにすることは大事ですが、意外と大事なのが、「ダラダラ食べないようにする」ということ。

人間の歯には、再石灰化という働きがあり、歯が自己強化を行い、虫歯が進行しないようにすることができるのですが、この再石灰化は食事と食事の間の時間で行われます。

間食が多かったり、ダラダラ時間をかけてずっと甘い物が口の中にある状態にしてしまうと、この再石灰化が行われず、虫歯になりやすい歯になってしまうので、おやつは食べる時間を決めて、できるだけ頻度は少なくすることが大事です。

パパ
ちなみに、体に良いと思われがちなスポーツドリンクや乳酸菌飲料も、砂糖がたっぷり入っているので要注意です。

もちろん歯みがき・定期検診も大事

当たり前のことですが、日々の歯みがきや歯医者さんでの定期検診もとても大事です。

小さい子供は、なかなか自分でキレイに歯みがきをすることはできないので、親がしっかりと歯みがきをしてあげることが大事です。
できれば毎食後の歯みがきが理想ですが、どうしても歯みがきをする時間がない時は、食後にうがいをさせるだけでも効果があると言われています。

最近は「シーラント」という方法も

最近は、「シーラント」という方法で虫歯を予防することもできるようです。

シーラントとは、奥歯や前歯の溝をプラスチック樹脂の一種で埋めることによって、虫歯を予防する方法です。主に生えて間もない6歳臼歯や乳歯の奥歯に行います。

子供の6歳臼歯の歯の溝はとても深く、虫歯はこの溝から始まることが一番多いので、この溝をフッ素を配合した樹脂で埋めることで浅くして、虫歯になりにくくすることができるそうです。

しかもこの「シーラント」、なんと12歳までの子供なら保険が適用されるので自己負担額はあまりかからないそうです!

パパ
うちのみゃあちゃんも、永久歯が生えてきたら「シーラント」検討してみようかな…。

まとめ

最後に、子供が虫歯にならないようにするために気をつけるべきことをまとめたいと思います。

  • 子供へのキスは口ではなくほっぺで我慢!
  • 口につける物は親と子供でできるだけ別々の物を使う!
  • おやつは決まった時間に!ダラダラ食べさせない!
  • 食後の歯みがき、歯科医での定期検診はしっかりと!
  • 「シーラント」も検討してみても良いかも!

ではでは皆さんも歯を健康に保ちましょうね~(^^)